東日本通商株式会社

お問い合わせ

無線式屋外拡声放送システム

東日本通商株式会社トップページおすすめ商品・サービス ≫ 無線式屋外拡声放送システム

無線式屋外拡声放送システム

公民館や集会所、ゴルフ場や農業施設などで、放送所の親局装置からの電波を拡声放送したい場所に設置した子局受信装置でキャッチしてスピーカー放送する屋外用の拡声放送設備です。

無線放送システムのご依頼は、親局設備1ヵ所に対して子局側設備1ヵ所からシステム設計と納品施工全般、又は無線装置本体のご提供と設置サポートのみのご依頼も承ります。

無線式屋外拡声放送システムの放送イメージ (自治会・町内会設備例)

主な特徴

  • システム構成がシンプルで、機器も全て軽量・コンパクトなので設置施工が簡単
    ※必要最低限の機能と操作性を考慮してシステム設計しますので、設備構成は市町村防災行政用無線設備と比べると至ってシンプルで各装置も小型軽量サイズで製作いたしますので設置施工は地元電気工事店でも行えます。
  • 親局放送操作卓は卓上型と壁掛型の2種類を用意、標準仕様機でも基本機能は充実
    ※基本機能で上り下りチャイムと無線放送と有線放送設備の切り替え・連動放送機能を装備。さらに緊急地震速報や電子サイレン、音声ガイダンスなどの発報機能にも対応しています。
  • 親局放送操作卓の追加機能はご希望形態に応じて任意仕様で設計製作
    ※無停電型電源内蔵型、毎日・毎週・年間定時放送用プログラムタイマー付、放送卓直付スピーカー用アンプ(60W~120W)内蔵型など必要な機能やご予算に応じて製作いたします。
  • 放送地区選択機能や無線放送と無線相互通話の切り替え併用機能にも任意対応
    ※通常の無線放送は全子局への一斉放送ですがご希望地区毎の選択放送ボタンを装備したり、無線放送用(一方向送話)と業務連絡用無線(相互通話)との切替通話方式の製作も承ります。ただし、無線放送エリアや使用状況によっては無線種別方式が異なり免許が必要となったり、併用使用の製作ご依頼を承れないことがあります。
  • 各受信子局の放送範囲や必要なスピーカー本数に応じて幅広い放送出力アンプを用意
    ※受信アンプのスピーカー出力は、必要に応じて60W~240Wの範囲で任意製作いたしますが、無停電用充電池やソーラー電源などを使用する場合は最大出力に制限があります。